より美しい姿になるために美容整形|驚愕の大変身を遂げた美貌

目で印象を変える

カウンセリング

私達人間にかぎらず、多くの生物はまぶたを持っています。特に陸上で生活する生き物は、眼球が乾燥するのを守るためにまぶたを備えています。人間の場合、単に生きるために必要な器官としてだけではなく、表情のコントロールにもよく用いられます。ただ、このまぶたは全ての人が同じというわけではなく、一重まぶたと二重まぶたという2種類があります。このまぶたの形状の違いは、そのまま目の印象を大きく変えることにもつながっています。そして、一般的に二重まぶたのほうが、目が大きく見えると言われており、逆に一重まぶたは表情に乏しく、目が小さく見える傾向にあります。そこで、一重まぶたの方が二重まぶたへと整形することがよく行われており、美容整形の中では特にポピュラーなものとなっているのです。

一重から二重まぶたへの美容整形には、大きく分けて埋没法と切開法という2つの方法があります。埋没法は、メスを使わない手術なので、プチ美容整形として高い人気を誇っています。病院によって時間は異なるものの、概ね10分程度という短い時間で手術を行うことが出来ます。埋没法はまぶたに麻酔を行った上で、とても細い糸で皮膚を止め、二重まぶたの形状へと変更していきます。この方法が埋没法という名前の由来となっており、皮膚を切開しないという点が特徴となっています。気軽に受けることができる美容整形手術として人気です。一方の切開法ではまぶたの切開を行い、皮膚同士を癒着させることでまぶたを二重に作り変える手術です。この方法の利点は、まぶたに付いている脂肪を除去して、まぶたをすっきりとさせることも出来るところです。埋没法より時間や費用が掛かるものの、綺麗なまぶたに仕上がることから、こちらも人気があります。

埋没法も切開法も、比較的手軽に出来る美容整形なだけに多くの方が行われています。年々、施術を希望する人が多くなっており、手術が出来る美容整形外科やクリニックが増えてきています。手術件数が多くなる要因となっているのではないでしょうか。しかし、安全と言われ人気が急上昇している美容整形でも、注意点は必ずあります。まず、切開を行わない埋没法の場合、まぶたを止めている糸が経年劣化で断裂して、まぶたが下がってしまうこともあります。これが埋没法の注意点です。しかし、糸が切れた場合は、再度の手術を行なうことも可能となっているので、万が一、糸が取れても再手術を行なえばよいでしょう。一方、切開法は、一度手術をすれば埋没法のような再手術が必要になることはあまりありません。しかし、切除を伴う手術なので、もし万が一イメージ通りの仕上がりにならないからといって、再修正することは難しいとされています。なので、医師とじっくり相談をして、自身の理想の目元に仕上げて貰う必要があります。