より美しい姿になるために美容整形|驚愕の大変身を遂げた美貌

真っ白な肌

整形

ホクロは、皮膚の細胞の一部にメラニン色素が集中して出来るものです。つまり、色が黒い以外は他の皮膚と殆ど変わりはありません。一部を除けば、健康上に何かのデメリットが有るわけでもなく、どんな人でもホクロはできています。しかし、目立つ位置、特に顔にホクロが付いているとかなり目立ちます。観相学など、鼻や眉の形状を占いに使用するものでも、ホクロは重要な要素を占めています。一方のシミは、ホクロよりも若干範囲が広いものに用いられることが多く、出来るメカニズムも似ています。ホクロよりも範囲が広く、加齢の象徴とも言えるものですから、シミが目立つ顔というのは実年齢より老けて見られがちです。そんなシミやホクロに対して、美容整形では様々な方法で、薄くしたり、あるいは完全に消し去ってしまうことが可能となっています。

シミやホクロに対しては、従来化粧品や薬の服用によって薄くすることが多く、現在でも手軽にできる方法として人気です、しかし、その方法より効果の高い方法として、レーザーを用いた手術方法が近年は広まりつつあります。レーザーと言っても美容整形において使用されるのは低出力のものですから、肌の表層部までしか届かないものです。しかし、皮膚のにあるメラニン色素の塊などによく作用して、分解してしまうのです。これにより、美容整形手術直後からホクロやシミが徐々に薄くなり、皮膚の新陳代謝とともに、正常な周りの皮膚と同じ色に戻るのです。また、炭酸ガスレーザーというものを美容整形では使用することがあります。使用する場合、より目立つホクロ。例えば盛り上がってイボのようになっているホクロにも効果的です。炭酸ガスレーザーは別名レーザーメスとも呼ばれており、皮膚の表面を切り取りながら止血も行います。もちろん、出力がそれほど大きなものではありませんし、止血も行いながら行なうので出血が少ないのお特徴です。レーザーを使うと言われると、何だか身構えてしまいますが、傷みも殆ど無いと言われています。しかし、治療後はしばらく絆創膏などを貼ることが多くあります。

実はレーザーを使わなくても、シミやホクロを薄くすることは可能です。市販化粧品や民間療法にも、ホクロやシミを薄くする方法や食材はありますが、美容整形などで処方されるのは、きちんとした薬です。美容整形で使用される外用薬として有名なのはハイドロキノンと呼ばれるもので軟膏のようになっています。漂白作用の強い成分が含まれており、皮膚の中のメラノサイトの働きを抑え、メラニンが皮膚に定着するのを妨げます。一方内用薬として美容整形で利用されるのは抗プラスミン材と呼ばれるもので、こちらはメラニンを産生しているメラノサイトの活性を低くします。これにより、シミの出現を抑えるというのが効能です。